新亜光学工業株式会社の主力であるオートアイリス

オートアイリスって本当に便利なの?

オートアイリスは新亜光学工業株式会社の主力技術であり、光学製品には今やなくてはならない技術として定着しています。

オートアイリスは新亜光学工業株式会社の特許技術であり、光学レンズのピントを自動的に調節し、画像のブレを最小限におさえるための技術として知られています。

一般的なカメラでいわゆる手ブレや画像のブレが生じるのは、ほとんどの場合、ピント調節の遅れが原因です。初心者向けに単純化して考えれば、シャッターを切ってからピントを調整するまでの間に実際の画像が動いてしまうためにブレが起きてしまうのです。

オートアイリスはこの問題を解消し、フィルターとレンズの性能を飛躍的に向上させることで画像のブレを極限までおさえることができ、初心者でも簡単に高画質の写真を連続で撮影することができます。

新亜光学工業株式会社はオートアイリスの特許を取得することで、より高性能、高品質の光学製品を生産することに成功しています。

オートアイリスの基本原理を知ろう

新亜光学工業株式会社ではオートアイリスという独自技術を開発し、よりピントの合わせやすい光学カメラを生産、開発しています。

オートアイリスとは自動ピント調整機能のことで、光学式カメラに内蔵されており、家庭用のデジタルカメラはもちろんのこと、街頭に設置された監視カメラなどに採用されています。

オートアイリスの基本原理はつまり、眼球です。眼球はよくカメラのレンズにたとえられますが、実際のカメラにおいてレンズの役割をしているのは水晶体です。水晶体は外部の光を取り込むための器官で、画像を加工しているわけではありません。眼球のピントを調整しているのは毛様体であり、毛様体の筋肉が加齢や病気によって硬直化すると近視や乱視が進行する、ということになります。

オートアイリスは眼球でいうところの水晶体の筋肉をきたえる技術、ということになり、シャッターを切った瞬間から瞬時にピントを合わせることによって画像のブレをなくすことに成功しています。

新亜光学工業株式会社のオートアイリスは世界的にも評価が高く、正確さをより要求される監視カメラやプロ向けの光学式カメラなどに幅広く応用されています。