オートアイリスの役割

様々な場面で役立つオートアイリス

デジタルカメラやスチールカメラを使ったことがある方なら「露出補正」の機能を目にしたことがあるでしょう。特に気にせずにその機能を使っている方も多いのではないでしょうか。写真を撮影する際に、明るさやピントを合わせて、被写体を美しくはっきりと撮れるようにするために、「露出補正」の機能を果たすオートアイリスという部品が役立っています。カメラのレンズの絞りを自動的に調節してくれるのです。今では、デジタルカメラに関して全く知識がない方でも、カメラを手にした初心者の方が、何の技術やテクニックがなくてもきれいな写真を撮ることができるようになっています。

また、オートアイリスは私たちが使うカメラだけでなく、防犯カメラにも使われています。防犯カメラは、私たちの安全な生活を守るために、様々な場所で24時間作動しているものも多くあります。したがって、その日の天気や時間帯の違いによって、撮影する場所の明るさが変わってきます。どんな場合でも、しっかりと被写体をキャッチするためにオートアイリスが重要な役割を果たしているのです。

超小型カメラにもオートアイリスを採用

オートアイリスは、高性能な超小型カメラにも採用されています。したがって、一目で見て防犯カメラとはわからないような小型カメラでも、しっかりと被写体を撮影することができます。美術館や水族館などで使われている防犯カメラは、その場の雰囲気を損なわないような小型カメラが使われています。そこでも、景観を損なわずにしっかりと機能してくれるのがオートアイリス採用の超小型カメラなのです。

もし、オートアイリス機能がなければ暗い水族館内では、被写体が不明瞭に映ってしまい、防犯カメラの意味をなしません。また、屋外で直射日光が当たる場所、日当たりのよい屋内などでは、オートアイリスがなければ画面が白くなってしまいます。したがって、高性能な超小型カメラには必須の部品となっています。

高性能カメラといっても、家庭用でも購入しやすい価格帯のものもあるので、ぜひカメラを購入検討する際には、オートアイリスの機能についてもチェックしてみてください。