これがないと始まらない!新亜光学工業のオートアイリス

カメラの精度を左右するオートアイリス

オートアイリスがカメラの精度を左右するとはどういうことでしょうか。
そもそもオートアイリスの役割とは光の量を自動で調整し、適切な光量を維持するものです。

私たちの目は色や形がはっきり見えるのが当たり前になっていますが、取り込む光の量を調整する自動の絞りの機能が備わっていることで眩しさを感じたり暗い中でもわずかな光があれば物を視覚として捉えることができます。
人の目に備わっている複雑で精密な機能を機械化したものがオートアイリスで、カメラになくてはならない存在です。
写真は露出がすべてだという話もあるくらい、光の調整は画像の良し悪しと切っても切れない関係にあります。

デジタルカメラが販売された当初は人が実物を見るのに近い画像が撮れるレベルで携帯電話もカメラがメインにはなっていませんでした。
現在は人の目で見るよりもさらに美しい画像を求め、コンパクトで高性能なデジタルカメラや高画質なカメラを搭載したスマホなどの端末が簡単に手に入る時代になりました。

1人数台携帯していることもあるスマホなどの端末、防犯カメラ、医療用のカメラには新亜光学工業株式会社のオートアイリスの部品が採用されていることが多く、高品質な製品を提供する企業として名を馳せています。

高品質なオートアイリスとは

新亜光学工業株式会社は光学のプロフェッショナル、光を自在に操るための部品を製造している会社です。

光を操る製品の一つにオートアイリスがあり、機能が最大限に発揮されている商品といえば防犯カメラがあげられます。
今やどこに行っても防犯カメラの存在が認められるようになってきましたが、ひと昔前の防犯カメラとは違い画像が鮮明になっているのにお気づきでしょうか。
なぜ新亜光学工業株式会社がつくるオートアイリスが高品質だと言われているのかを考えてみたいと思います。

防犯カメラは設置していることを周囲に認識させるように設置している場合と、見つかりにくい場所に設置していることがあります。
どちらも防犯を考慮した設置方法ではあるのですが、どんな場所でも画像としてしっかり捉える高機能な防犯カメラが求められます。

カメラの高画質を支えているのは、内部に組み込まれた精密部品です。
暗い場所でも人の顔が判別できるのは優れたオートアイリスによって記録可能な画像を映し出せるからです。

新亜光学工業株式会社が特許を取得しているオートアイリスを採用した防犯カメラは、どのような状況下においても能力を遺憾なく発揮しています。
厳しい条件にも対応してきた実績が高品質につながっているのです。